FUJII DAIMARU INFORMATION

2016.12.04

メルマガ会員にご登録いただくと、会員様だけのお得な情報をメールでお届けします!

BLOG MEMBER

JOURNAL STANDARD MEN'S BLOG >> ONLINE SHOPPING JOURNAL STANDARD MEN'S LIST

2016 CALENDAR

BLOG MEMBER LIST

ジャーナルスタンダードオリジナルと国内外から集められた商品による、ベーシックでスタンダードなアイテムと旬のブランドをミックスした独自のセレクト。カテゴリーに囚われないグローバルな商品と情報を常に提案しています。

S.Ichino

【秋冬のマストバイ/僕たちが買ったもの vol.3】

2016.10.28 S.Ichino

いつもジャーナルスタンダードのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

これまで京都店では【僕たちのマストバイ】と題して2週にわたり、僕たちスタッフが実際にこの秋に購入したアイテムをご紹介してきました。

いよいよ今回で最後を迎えました。

今回は裏方二人の登場です。

では、早速ご紹介いたします。

【僕たちのマストバイ vol.3】

STAFF:和田彬人 AGE:26 入社3年目

入社3年目の彼は、京都店のブログやジャーナルスタンダードのInstagramなどを担当し、日々お客様に向けて「ワクワクするもの」をテーマにいろいろな形で、様々な情報を発信しています。

というわけで、この文章も自分で書いているというよくわからない状況ですが、

今回のこのシリーズの発案者でもあります。

いつもはスタッフたちに質問する側の僕が、今回は質問される側。なんだか不思議な感覚ですが、最近買ったClarksを紹介することにします。

Clarksは去年あたりから気になっていて、去年も入荷していたのですが、後回しにしてしまっていました。特にこのWallabee Bootは形も愛嬌があって一番気になっていたモデルです。

普段はコンバースをよく履くのですが、最近の気分はヨーロッパもので、『なんか革靴履きたいなあ』と思っていた矢先、こいつが入ってきました。

愛用しすぎてすでに履きジワも貫禄がありますが、今はあえて手入れせずに“素”の状態を楽しんでいます。

経年変化というやつは本当にものそれぞれ。ジーパンをよく履くので、僕のは一部擦れて青くなっています。」

左:私物 右:新品

「AldenやTricker’s、Paraboot…学生の時に喉から手が出るほど欲しかった革靴を履けるようになって、もうすぐ27歳になろうとしている今でも、少し生意気に思えたり、背伸びしているように思えたり。

そんな緊張感のある靴も好きなんですが、なんの淀みもなくただ足元を支えてくれるClarksのいぶし銀な佇まいは今の気分にもマッチして心置きなくファッションを楽しませてくれます。

暗いわけでも特別明るいわけでもなかった学生時代の自分のようですごく愛着がわきますね笑

スウェードが有名なワラビーですが、愛らしい形に相反してホーウィン社製の上品で上質なレザーを使っている見映えも気に入っています。」

「靴がイギリスならば、スタイリングもイギリスに。

僕は服を着る時イメージを一番大事にしています。

僕の中でイギリスは、硬い、重い、質実剛健。あくまでイメージです。

フランクリーダーのジャケットは僕が持っている中で一番硬いジャケット。ドイツのブランドですが、そういうのもアリです。

しっかりとした生地といえば、着心地がどんどん良くなっていくホームステッドのカットソー。それに入社前から愛用しているイギリス製のデニムを合わせる。最後にスタジオドネガルのキャスケットをかぶって完成。僕なりのブリティッシュ。

“模範解答がないからファッションは楽しめる”。ブログでも店頭でもお客様と答え探しをするのが僕の仕事です。是非お店で会いましょう。」

STAFF:吉本直史 AGE:25 入社2年目

入社2年目の彼は、なんとブログ初登場。

それもそのはず。ブログの写真はすべて彼が撮影しているからだ。

カメラ担当として、京都のスタッフやジャーナルスタンダードの商品をよりかっこよく見せることに努めている。

こんな感じでいつも撮影してくれている。

そんな彼ももちろん本業はファッションアドバイザー。

社歴もまだ浅い分やはりいろんな服に興味があり、今回はJ.S.Homesteadの新作、ローブジャケットを紹介してくれるそうだ。

「はじめまして。和田さんがこの企画を考えてくれてようやく出れました。

自分のスタイリングのイメージを変えたくて、いろんな服を着てきました。先輩のアドバイスを受けながら、1年半でジャーナルらしくなってきましたが、そんな中物欲を刺激してきたのが、このJ.S.Homesteadのローブジャケット。“また新しい自分を発見できる。”と意気込んで手にしました。

ネルシャツのような、ジャケットのような、コートのような、はたまた和服みたいに…

いろいろな想像が膨らむ、まさに僕のニーズにはぴったりのジャケットでした。」

「柔らかい生地は重たさを感じさせず、さらっと羽織れます。今までの定番アイテムから一線を画して、少し大人なスタイリングに決めれますね。

入社当初は、カバーオールにデニムというスタイルがお決まりだった僕でも、気軽に挑戦できる新しいスタイルでもあります。

決まりすぎず、ハズし過ぎない。カジュアルの中の大人の余裕を感じる一着。まさに僕のマストバイなアイテムです。」

「入社1年目の去年に初めて買ったエースブーツは、僕の一張羅(靴だけど)。

真っ白のシャツだど決まりすぎるので、あえてブロード生地の生成りのシャツをチョイスしてゆるくタックイン。

あとは程よいゆるさが気に入っているホームステッドのイージーパンツ。あえてソックスも短いものを選んで、軽快さを出しているのもポイント。雰囲気はいいですが、決まりすぎないのが今の僕にはちょうどいいです。

ジャーナルスタンダードで働き始めてから、自分のファッションの幅も広がり、服のバリエーションも多いので、いろんなスタイルを楽しめています。そんな話をお客様と話したり、新しい自分を発見できる手助けをできればなあと思っています。」

いかがでしたでしょうか?

3週にわたり続けてきたこのシリーズ。

是非また新しい形でお客様を「わくわくするもの」をお伝えしていきたいと思っています。

気になるスタッフがいましたら、是非店頭までお越しください。

【僕たちのマストバイ】

是非あなたに合うマストバイなアイテムを探しに来てください。

スタッフ一同お待ちしております。

-OFFICIAL INSTAGRAM-

@journalstandard.jp

ジャーナルスタンダードのオフィシャルインスタグラムのアカウントが出来ました。

最新情報や入荷情報、スタイリングサンプルなどお得な情報が掲載されていますので、是非フォローしてみてください。

【2016AWタブロイドマガジン<JSJ>Vol.1公開中!】      【「HOUYHNHNM」WEBマガジンVol.2公開中!】 

—————————————————-

公式通販スタイルクルーズ

STAFF SNAP

公式Instagram表参道/心斎橋/j.s.homestead

facebook

メールマガジンご登録フォーム

関連する記事