FUJII DAIMARU INFORMATION

4.24(tue) 京都エリア初出店の「CLASKA Gallery & Shop “DO”」が4Fにオープン!!

BLOG MEMBER

ザ・ショップ BLOG

2018 CALENDAR

BLOG MEMBER LIST

2012年に水野学・中川政七・鈴木啓太・米津雄介を中心に設立された「THE」。 たとえば、THE JEANSといえばLevi’s 501、と連想するような、「これこそは」と呼べるモノづくりをコンセプトとしています。 世の中の定番を新たに生み出しこれからの「THE」をつくっていくブランドの関西初となる直営店です。 「THE」と呼べるアイテムをオリジナルとセレクトで取り揃えています。

H.Watarai

THE GLASS

2018.01.12 H.Watarai

皆様、こんにちは。

本日は THE GLASS をご紹介します。

 

the-glass-1

最もグラスらしいグラスとは何か。徹底的に考察しました。グラスを形成する機能的な要素は大きく3つ。
1.
形状、2. 素材(重さ)、3. 容量。

  1. 形状
    持ちやすく、飲み口の当たりが良く、洗いやすいこと。スタンダードで長く使えること。
  2. 素材
    丈夫で割れにくく、日常の中でストレスなく使えること。注いだものがおいしそうに見えること。
  3. 容量
    日常の中で使い勝手の良い容量であること。

THE GLASS』は、耐熱ガラス(耐熱温度差120)を贅沢に極限まで厚く用いることで、割れにくく、軽く、電子レンジや食器洗い機でも使えるグラスを実現しました。

サイズは、最もスタンダードと呼べる大きさは何かと考えました。その結果、ショート・トール・グランデの3サイズ展開に至りました。つまり、大規模展開しているあのコーヒーチェーンのカップと同じ形状、容量。このサイズこそが、万人共通のスタンダードであり、フォルムであり、最も使いやすく、生活に馴染むグラスであると考えたのです。シンプルで美しいフォルムは、どんなシーンにも調和します。

the-glass-3

耐熱ガラスなので、グラスに氷を入れて熱い紅茶を注げば、透明に透き通ったアイスティーがあっという間に出来ます。製造は、試験管やビーカー、ティーサーバーなどを手掛けるHARIO株式会社。これぞグラス、と呼べる、3種のスタンダードなグラスが完成しました。

the-glass-2

the-glass-4

SHORT ¥1,058 (税込)

TALL ¥1,274 (税込)

GRANDE ¥1,490 (税込)

オンラインショップはこちら

関連する記事