FUJII DAIMARU INFORMATION

[NEW OPEN] URBAN RESEARCH DOORS

BLOG MEMBER

ザ・ショップ BLOG

2018 CALENDAR

BLOG MEMBER LIST

2012年に水野学・中川政七・鈴木啓太・米津雄介を中心に設立された「THE」。 たとえば、THE JEANSといえばLevi’s 501、と連想するような、「これこそは」と呼べるモノづくりをコンセプトとしています。 世の中の定番を新たに生み出しこれからの「THE」をつくっていくブランドの関西初となる直営店です。 「THE」と呼べるアイテムをオリジナルとセレクトで取り揃えています。

H.Watarai

THE COLOCOLO BY NITOMS

2018.01.16 H.Watarai

皆様、こんにちは。

本日は THE COLOCLO BY NITOMS をご紹介します。

the-colocolo-1

絨毯からフローリングまで、ちょっとしたお掃除に日々活躍する粘着クリーナー「コロコロ」。世界で最初に開発したのは、今回THEとコラボレーションしたNittoグループの株式会社ニトムズでした。普段粘着クリーナーとして皆さんが何気なく呼んでいる「コロコロ」という名前は、ニトムズの登録商標なのです。2015年に発売30周年を迎えた「コロコロ」は、国内トップクラスの粘着材製造技術を誇る株式会社ニトムズの看板商品。「コロコロ」の粘着テープは1985年の発売からなんと累計4億個も販売しています。

THE COLOCOLO BY NITOMS』を開発するにあたり、その技術力を最大限に活かした上で、新たに3つの工夫を施しました。

1つめは、粘着テープの柄。赤×白、青×白のかわいらしいシマシマは、ただの装飾ではありません。糸くずなどの白っぽいゴミ、埃などの黒っぽいゴミ、そのどちらも一目瞭然で取れたかどうかが分かる、機能の役割も果たしているのです。

the-colocolo-2

2つめは、ケースに収納する際の構造。ありそうでなかった、「芯に差し込む」収納方法を新たに設計しました。市場にある粘着クリーナーはケースに収納する際、粘着面がケースにくっついてしまうことがありました。『THE COLOCOLO BY NITOMS』は、それを解決する為にケース内部に棒状の突起を設け、粘着クリーナーの芯を支える空洞に差し込む方法を開発。その結果、ケース内側にテープがくっつきにくく、縦でも横でも自立し、ケースに入れたまま自由に持ち運ぶことも可能にしました。

3つめは、実際の使いやすさに徹底的にこだわったこと。ハンドルをあえて短めに設計することで、使用時にハンドルを掌の中に収められるようにし、細かな操作をしやすくしています。ケースが自立し、ハンドルも短いので、省スペースでの収納も実現。

実際に使うと分かる細やかな使いやすさが詰まった、ひと味違う「コロコロ」です。

「コロコロ」はニトムズの登録商標です。

the-colocolo-3

the-colocolo-4

本体(テープ1巻入) ¥2,138 (税込)

スペアテープ(2巻入) ¥864税込)

Color : RED/BLUE

オンラインショップはこちら

関連する記事