FUJII DAIMARU INFORMATION

4.24(tue) 京都エリア初出店の「CLASKA Gallery & Shop “DO”」が4Fにオープン!!

BLOG MEMBER

ザ・ショップ BLOG

2018 CALENDAR

BLOG MEMBER LIST

2012年に水野学・中川政七・鈴木啓太・米津雄介を中心に設立された「THE」。 たとえば、THE JEANSといえばLevi’s 501、と連想するような、「これこそは」と呼べるモノづくりをコンセプトとしています。 世の中の定番を新たに生み出しこれからの「THE」をつくっていくブランドの関西初となる直営店です。 「THE」と呼べるアイテムをオリジナルとセレクトで取り揃えています。

H.Watarai

THE 椀

2018.01.24 H.Watarai

皆様、こんにちは。

本日は THE 椀 をご紹介致します。

the-%e6%a4%80

数百種類のお椀を検証し、百種類以上を実際に取り寄せ分析した上で、「最もお椀らしい形」を追求し、つくりあげたのがこの『THE 椀』です。手に馴染むなめらかなフォルムにより、洗いやすく、傷がつきにくくなっています。蓋は、閉じたときの形だけでなく、小皿として使っていただく際の美しさと使いやすさも考慮しました。

製造は、福井の漆琳堂。伝統技法を守り抜き、化学塗料を一切使わずに丁寧に手作りしています。椀木地には国産の水目桜を用い、越前の木地師が細い鉋を使って木地を回転させながら丁寧にくり抜いていく「轆轤(ろくろ)挽き」という方法で仕上げています。器本体には身付・上渕・高台の3箇所、蓋も合わせると6箇所に、「布着せ」と呼ばれる処理を施しています。薄い箇所に布を貼り補強するもので、これにより、器が壊れたり割れたりしにくくなります。漆の下地は最も丈夫とされる「本堅地」で仕上げ、上塗りは、吹きつけではなく刷毛塗りで一つ一つ丁寧に塗り上げています。8ヶ月もの時間をかけて完成したのが、この椀なのです。

THE 椀』は、割れたり欠けたりヒビが入ってしまっても、修復が可能です。単に上から漆を塗り直すのではなく、傷んだ下地部分を修復してから漆を塗り上げますので、末永くご愛用いただくことができます。

漆器は取り扱いが難しいと思われがちですが、普通の食器と同じように、スポンジに食器洗い用洗剤(研磨剤なし)をつけて洗っていただけます。ただし、直火、電子レンジ、オーブン、食器洗い洗浄乾燥機等でのご使用はお控えください。

THE ¥27,000 (税込)

オンラインショップはこちら

関連する記事