FUJII DAIMARU INFORMATION

[NEW OPEN] URBAN RESEARCH DOORS

BLOG MEMBER

ザ・ショップ BLOG

2018 CALENDAR

BLOG MEMBER LIST

2012年に水野学・中川政七・鈴木啓太・米津雄介を中心に設立された「THE」。 たとえば、THE JEANSといえばLevi’s 501、と連想するような、「これこそは」と呼べるモノづくりをコンセプトとしています。 世の中の定番を新たに生み出しこれからの「THE」をつくっていくブランドの関西初となる直営店です。 「THE」と呼べるアイテムをオリジナルとセレクトで取り揃えています。

H.Watarai

THE 飯茶碗 (唐津・美濃)

2018.08.16 H.Watarai

 

the-%e9%a3%af%e8%8c%b6%e7%a2%97

 

同じ形状、同じ色、五つの異なる陶磁器産地でつくった『THE飯茶碗』
陶磁器にあまり馴染みがない方にも、土や石、釉薬、仕上げなど、産地それぞれの特長が分かりやすいよう、すべてその産地で生まれる白で仕上げた飯茶碗は、THEの人気商品です。

今回、陶磁器の歴史をさらに紐解き、陶磁器の発展に大きく貢献した茶の湯の文化に深い関わりのある唐津(佐賀県)、美濃(岐阜県)の窯元にご協力いただき、新たな飯茶碗をつくりました。
型は一切使わずに、轆轤(ろくろ)を使い、一つ一つ手作りで同じ形状に仕上げています。
各産地に古くから伝わる、土や釉薬、仕上げ方に倣うことで、より産地ごとの違いが明確になり、『THE飯茶碗』と合わせて、産地ごとに揃えたり、産地違いで集めたりと、 それぞれの表情を自由に楽しんでいただける飯茶碗です。

※それぞれの産地の特長が表情豊かに出せる仕上げにこだわっているため、窯の中の温度変化や置き方や場所、季節や時期によって、どれも全く同じ焼き上がりにはなりません。
__THE_カタログ_箸_180518

【唐津(佐賀県)】 窯元:中里太郎右衛門窯  朝鮮唐津

「一井戸、二楽、三唐津」。
これは千利休によって大成された茶の湯の世界で古の茶人達が茶碗を格付けして表した言葉です。
茶陶器の名品三指に数えられる唐津焼の起源は諸説ありますが、安土桃山時代に岸岳城城主波多氏の領地で焼かれたことが始まりとされています。登り窯や蹴ロクロなど朝鮮陶磁の技術を導入し、江戸時代には西日本を中心に広く流通しました。
THE飯茶碗「唐津」は、朝鮮唐津の原型を探索することで生まれた飯茶碗です。
人間国宝をも輩出する四百有余年続く名窯・中里太郎右衛門窯の十四代 中里太郎右衛門氏の協力を経て、江戸初期に作られた朝鮮唐津 飯茶碗に倣い、碗の内側に鉄釉、外側に藁灰釉をかけて仕上げました。

 

 

 

__THE_カタログ_箸_180518

【美濃 (岐阜県)】窯元:秀峰  石ハゼ緋色土/総織部
平安時代の須恵器から発展し、千三百年有余の歴史をもつ美濃焼。
鎌倉時代から陶器の生産が始まり、その後、織田信長の経済政策によって大窯が築かれ、一大産地となります。桃山時代には「美濃桃山陶」と呼ばれ、千利休の弟子の大名茶人・古田織部の指導のもと、織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などが、唐津から導入された連房式登窯によって量産されました。
THE飯茶碗「美濃」は、一流ホテルや料亭の器を専門に作陶する美濃焼の窯元・秀峰にて、黒織部、青織部、赤織部、志野織部など数ある織部釉の中でも代表的な、緑色の青織部を施しました。

THE 飯茶碗 唐津 ¥8,424 (税込)
THE 飯茶碗 美濃 ¥7,344 (税込)

オンラインショップはこちら

 

関連する記事