FUJII DAIMARU INFORMATION

9月は休まず営業いたします。

CATEGORY

LIMITED SHOP期間限定でオープンする特設SHOPのご案内

2020 CALENDAR

LIMITED SHOP MENU

[LIMITED SHOP CATEGORY ]

横山隆平写真展「WALL stanza」-映像に或るものを拭い去る時、確からしさ、は、やがて-

2020.09.14 ART

横山隆平写真展「WALL stanza」-映像に或るものを拭い去る時、確からしさ、は、やがて-
9月18日(金)~10月18日(日)
6F特設スペース1

写真家・横山隆平写真展「WALL stanza」を開催。
本展は【KG+2020 KYOTOGRAPHIE SATELLITE EVENT】公式プログラムとなります。
テーマは「ストリートにおけるグラフィティの存在」。
写真でありながらその枠組みを大きく超える平面と立体の展覧会。
現代の街を切り取り続けてきた作家の表現をご覧ください。

また、店頭では作品に加え、アートワークを落とし込んだTシャツや写真展のために製作されたポスターなどを展示いたします。
同日9月18日(金)10:30AMからFUJII DAIMARU ONLINE SHOPでは販売をスタート。
店頭でご覧いただいた一部の商品をお買い求めいただけます。

【KG+2020 KYOTOGRAPHIE SATELLITE EVENT】

ABOUT KG+
2020年で8回目を迎える「KG+」は、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的に、2013年より京都市内でスタートした公募型アートフェスティバルです。
「KG+」は、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭と連携し、同時期に開催することで国際的に活躍する写真家やアーティスト、国内外のキュレーター、ギャラリストとの出会いの場と国際的な情報発信の機会を提供します。
また、参加型のプログラムを実施し、来場者や市民が写真芸術文化に親しむ環境をつくります。
京都市内各所で開催される多様な表現が地域と訪れる⼈々をつなげ、新たな交流や発⾒がうまれることを期待します。「GOOD SHIT STAND(グッドシットスタンド)」[WALL crack]T-SHIRTS  5,500円

「GOOD SHIT STAND(グッドシットスタンド)」[WALL stanza]poster 2,200円

WALL crack #12 115,500円

横山 隆平 / Ryuhei Yokoyama

写真家。
1979年大阪府生まれ。
“都市とは何か”をテーマとし、モノクロフィルムによるストリートスナップを中心に作品を展開。
流動する都市の姿を、視点やアプローチを変えながら制作を行う。
主な作品集に「酔っぱらったピアノ弾きのようなやりかたでシャッターを押せ」、「風に転がる紙屑に書かれたような美しい、光と踊るネズミのグラフィティ史」等がある。
2016年写真家・内倉真一郎と共にゲリラ展示プロジェクトPIS/ピス(Photograph in the street)をスタート。
近年の展示にグラフィティをテーマとした「WALL」(京都 元・淳風小学校 KYOTOGRAPHIE サテライトイベントKG+ 2019)がある。
国内外で作品を発表、2019年にはパリでの初展示も行われた。

※店頭ではグッズの販売はありません。
※表示価格はすべて消費税(10%)が含まれております。
※掲載商品が品切れの際はご容赦ください。

関連するワード